目の下のくまへの美容鍼の効果

目の下のクマ 3タイプ

目の下のクマは、原因によって主に以下の3つのタイプに分けられます。

 

クマ3種類_顔イラスト

 

1.青グマ・・・睡眠不足・疲れ・ストレスなどにより、血液の滞りや酸素不足から血液がどす黒くなり、目の下が青く見える状態です。生まれつき皮膚の薄い方は特に目立ちやすいです。

 

2.黒グマ・・・目の周りの筋力の低下によって肌の弾力不足が生じ、目の下がたるんで影が出来てしまう状態です。加齢により筋肉がなくなると、くぼんで黒く見える場合もあります。

 

3.茶グマ・・・アトピーなどで目の下をこすったり、メイクを十分に落とさないことを続けることで、皮膚の色素沈着や角質の肥厚がおきて、茶色く見える状態を言います。

 

目の下のクマ 3タイプへの美容鍼

当サロンでは、お客様のお肌や筋肉の状態、生活習慣、体質などを確認し、クマの原因を見極めて施術をいたします。各3タイプの目の下のクマには、美容鍼で下記のアプローチをいたします。

 

目の下のクマ写真 OZ施術中

 

1.青グマ・・・お顔全体や目周りの血液循環を改善するツボに鍼を打ちます。クマの部分にも直接鍼を打つことにより、滞った血流を改善していきます。また、お身体への施術で、クマが出来る原因となる冷え症やお身体の疲労の改善を促し体調を整えることで、目の下のクマが出来にくい身体作りのお手伝いをいたします。体調を整えることで自然とクマも改善していくお客様が多いです。

 

2.黒グマ・・・たるみの原因となっているお顔の筋肉に直接鍼を打つことにより、筋肉の弾力を取り戻していきます。また目の下のたるみを引き上げて鍼で止めていく当サロン独自の美容鍼手技により、クマの原因となるたるみを解消していきます。くぼみが原因となっている影が見える黒グマは、目周りの筋肉自体が減少しているため、美容鍼での改善が難しいタイプになります。

 

3.茶グマ・・・色素沈着や角質の肥厚がおきているクマの部分に直接鍼を打つことで、皮膚のターンオーバーを促し、クマを改善していきます。色素沈着の改善は、シミと同様に時間がかかるので、3つのタイプのなかでは一番施術回数が必要になることが多いです。

before & after症例写真

※効果には個人差があり、同じ結果を保証するものではありません。

40代女性

目の下のクマ_before 目の下のクマ_after

before                after


目の下のクマ改善体験例は、こちらをご覧ください。



ご予約はこちらからどうぞ

麻布十番本店 新宿店

03-3588-1328 03-0000-0000

平日11:00〜21:00
土日祝10:00〜18:00

お問い合わせフォームはこちら

AZABU HARIEQ

麻布十番本店

〒106-0045 東京都港区麻布十番1-10-3 モンテプラザ麻布301号室
麻布十番駅(南北線、都営大江戸線)5a出口より徒歩0分

新宿店

〒160-0022 新宿区新宿2-5-2フォーチュンコート新宿御苑前402
新宿駅より徒歩8分、新宿三丁目駅より徒歩7分